【山口】絶景スポット『角島大橋』&世界遺産登録された『萩』へ1泊2日の家族旅行

角島大橋 中国
@yume.tabi

家族8人で毎年恒例の家族旅行。

今回の目的地は、日本の橋ランキング1位に選ばれたことで有名になった、エメラルドグリーンの美しい海に掛かる橋「角島大橋」へ。角島展望台からの眺めは、絶景過ぎでした。

その他に巡った山口県の観光スポットや旅のルート、宿泊施設など紹介していきます。

旅のルート

出発地は大阪。移動手段は車。

朝4時ごろ出発して、目的地の「角島大橋」に着いたのは、お昼12時を過ぎていました。私たち家族はサービスエリアの休憩が多めなので8時間以上掛かりましたが、普通なら約6時間ほど。

電車で旅行するなら、宿泊も一緒になったセットプランがお得でオススメ。電車なら、新大阪から新山口までは約2時間。
【日本旅行】 往復のJRと宿泊がセットになって、こんなにお得!!

スケジュール

ザックリとしたスケジュール。

DAY旅程
1大阪⇒角島大橋⇒萩市内観光⇒リゾートホテル美萩(宿泊)
2千畳敷⇒元乃隅神社⇒下関(昼食)⇒唐戸市場⇒大阪

のんびりペースの旅行で、余裕のあるスケジュールです。もう少し、テンポアップすれば、もう1・2カ所観光できたかも・・・

また、宿泊場所を萩ではなく、角島大橋から近い『ホテル西長門リゾート』に予約できていれば、もう少し効率的に観光できたのですが、残念ながら、今回は予約でいっぱいでした。

1日目

角島大橋の美しい写真を撮るなら、日光が照り付ける正午頃がベストということで、宿泊場所の萩市を通り過ぎて、橋が架かる下関方面へ。

角島大橋

角島大橋_展望台
展望台からの写真。映える写真が撮れること間違いなしの絶景スポットでした。海がエメラルドグリーンに輝く雲ひとつない快晴の日がベスト。

角島大橋

最近、注目されている観光スポットだけあってたくさんの観光客の方が訪れていました。

角島

写真撮影後、橋を渡り角島をぐるりと一周ドライブ。透明度バツグンの美しい海、130年以上の歴史をもつ灯台、日本海に沈む夕日を見ることができる公園などがありました。

角島では、あまり観光客の方を見かけなかったので、のんびりするには絶好のスポットでした。

ホテル西長門リゾート』に泊まることができたなら、角島でもう少しゆっくりできたのですが。

萩市内散策

角島観光後、来た道を1時間ほどかけて逆戻りし、宿泊施設のある萩市へ。ホテルへチェックイン後は、萩の城下町を少しぶらり。

萩市内_高杉謙信
まず休憩ということで、萩博物館から徒歩2分ほどの場所にある喫茶店『珈琲 蔵』でコーヒータイム。美味しいコーヒーと自家製ケーキを頂いて、小一時間休憩。

写真を撮り忘れてしまいましたが、外観は店名通り蔵のような造りで、中はテーブル席とカウンター席が数席のこじんまりとした喫茶店でした。夫婦で営業されていて、奥様が手作りされているケーキをおススメして頂きました。観光地ですが、ご近所の常連さんも通う、ゆっくり寛げる喫茶店でした。

*****************
珈琲 蔵(くら)
山口県萩市南片河町56
TEL:0838-21-1007
営業時間:11:00~18:00
定休日:火・水曜日(祝日の場合は営業)
*****************

萩市内
萩市内
萩市内

休憩後、お散歩していたら夕立に遭い、早々に観光は切り上げて、ホテルへ。

世界遺産に登録された萩市、もっとじっくり観光したかった・・・。

菊ヶ浜

ホテルの目の前は、海水浴もできる『菊ヶ浜』。砂浜からは国指定天然記念物の「指月山」を眺めることができる絶好のロケーションで、「日本の夕陽百選」にもなっている絶景のサンセットポイント。

菊が浜
雲が少し多かったですが、綺麗な夕焼け空を見ることができました。

2日目

ホテルチェックアウト後は、長門市にある観光スポットを経由しながら、再び下関方面へ。

萩城跡

ホテルから萩城跡が近かったので、朝食前にお散歩へ。

萩城跡

萩城跡

萩城跡

緑が多く、夏でしたが朝早くなら涼しいのでお散歩するのにぴったりな場所でした。

千畳敷

ホテルをチェックアウト後、長門市にある千畳敷へ。

景勝地として有名な千畳敷は、高台に広がる草原から日本海に浮かぶ島々が一望できる絶景スポット。自然の雄大さを満喫できる場所でした。

千畳敷

千畳敷

元乃隅神社

千畳敷から車で約10分に場所にある元乃隅神社(もとのすみじんじゃ)。

商売繁盛、大漁、海上安全、良縁、子宝、開運厄除、福徳円満、交通安全、学業成就、願望成就の大神でパワースポットとしても人気の場所。

こちらも、たくさんの観光客の方でにぎわっていました。

元乃隅神社

海をバックに100基以上の赤い鳥居が並ぶ景色は圧巻です。

元乃隅神社

元乃隅神社

下関・唐戸市場

関門橋

昼食後、唐戸市場へ。しかし、着いたのが15時過ぎていたので、ほとんどのお店が既にしまっていました・・・。

公式サイトを確認すると確かに15時まで。お土産物やさんは空いていたので、頼まれていたものを買うことができましたが、もう少し早く着いて、市場の雰囲気も楽しみたかった。

*****************
【唐戸市場】
〒750-0005 山口県下関市唐戸町5-50
TEL:083-231-0001
営業時間:5:00~15:00(店舗により異なる)
URL:http://www.karatoichiba.com/
*****************

せっかく下関まで来たのに、なんでこんなに無計画?とツッコミたくなりましたが、この旅は連れてきてもらっているので、文句は言えません・・・私がお金を出す旅行なら絶対ありえない旅のスタイルですが、時間に追われず、せかせかしない旅ができるのは貴重な体験。

宿泊ホテル

今回の旅の宿泊先は、海が奏でる癒しの宿 リゾートホテル美萩

萩城跡から見えるホテル

萩城趾からリゾートホテル美萩を撮った写真。

萩_夕陽

萩_朝焼け

ホテルの目の前は、日本の夕陽百選に選ばれた菊ヶ浜海岸で、ロビー、客室、大浴場などからも、日本海を一望することができる絶景のロケーションです。美しい夕陽だけでなく、きれいな朝焼けも見ることができました。

菊ヶ浜は、日本の海水浴場百選にも選ばれていて、海水の透明度が高く、白砂の砂浜もさらさら。ホテルの目の前がビーチになっているので、海水浴を楽しんでいる方も多かったです。

また、観光スポットの萩城趾や旧市街からも近いので萩散策にも便利なホテルです。

展望大浴場は、源泉の天然温泉で、そこまで広くはないですが日本海を一望できるようになっているので眺望を楽しみながら、ゆっくり寛ぐことができました。

リゾートホテル美萩

〒758-0057 山口県萩市堀内菊ケ浜485

さいごに

日本海側の山口県を旅するのは初めてでしたが、透明度の高い海の綺麗さと絶景スポットの数々に驚きました。

今回巡った観光スポットは、それぞれがそこまでは離れていないので、各観光地での時間配分や、旅のルートを効率的に構成すれば、唐戸市場や萩市内の観光も十分できたはずなので少し残念。

若干の心残りはありますが、一番の目的である、角島大橋の絶景は見ることができ、山口の美味しい海の幸、美しい自然、温泉に癒され、いい旅になりました。