【トルコ旅行記】12の都市と7つの世界遺産を巡った一人旅の21日間ハイライト

アヤソフィア トルコ
@yume.tabi

人は親切で温かく、食事もおいしい、雑貨もかわいい、そして見どころ満載の国『トルコ』。

今回は、そんな魅力溢れるトルコを満喫すべく、21日間かけて旅をしてきたので内容を紹介します。

写真多めで日程ごとの旅のハイライトと、各都市の旅行記でまとめてみました。

 ★周遊ルート★

まずは、21日間の旅のルートを紹介します。

(A)イスタンブールからスタートし、(B)サフランボル(Safranbolu)(C)マラティヤ(Malatya)&ネムルト・ダウ(Nemrut Dagi)(D)シャンル ウルファ(Sanli Urfa)(E)ハラン(Harran)(F)カッパドキア(Kapadokya)⇒(G)パムッカレ(Pamukkale)⇒(H)チャナッカレ(Canakkale)&トロイ遺跡(Truva Orenyeri)セルチュク(Selcuk)&シリンジェ(Sirince)エフェソス(Ephesus)(I)クシャダス(Kusadasi)(J)マルマリス(Marmaris)へ。

【1~4日目】イスタンブール

ギリシャのテッサロニキ(Thessaloniki)から夜行列車でトルコに入り、まずはイスタンブールへ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yume,Japanese Travelloverさん(@yume.tabi)がシェアした投稿

イスタンブールの町並み

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yume,Japanese Travelloverさん(@yume.tabi)がシェアした投稿

ブルーモスク

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yume,Japanese Travelloverさん(@yume.tabi)がシェアした投稿

新市街

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yume,Japanese Travelloverさん(@yume.tabi)がシェアした投稿

ドルマバフチェ宮殿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yume,Japanese Travelloverさん(@yume.tabi)がシェアした投稿

教会

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yume,Japanese Travelloverさん(@yume.tabi)がシェアした投稿

見るべき観光スポットが多く、街全体が独特の雰囲気を醸し出していて、どこを歩いても見飽きない町『イスタンブール』、4日間の滞在では全然足りない・・・。

そんなイスタンブールを効率よく観光できるおすすめのツアー。

≫≫はじめてのイスタンブール 1日観光ツアー
ブルーモスク・トプカプ宮殿・アヤソフィア・グランドバザールなどイスタンブールの主要観光スポットを1日で巡ることができるツアー。はじめてのトルコでも日本語ガイドさんと一緒なので安心。

≫≫ボスポラス海峡クルーズと新市街の半日観光ツアー
東西の文化を一望できるボスポラス海峡クルーズとイスタンブールの都会を堪能できるお得なツアーでおすすめ。

【5日目】サフランボル

4日目の夜、夜行バスでイスタンブールを出発し、伝統的な建物が残る美しい世界遺産の街『サフランボル』へ。

早朝の5:30頃、サフランボルへ到着。午前中に市内観光。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yume,Japanese Travelloverさん(@yume.tabi)がシェアした投稿

午後~ サフランボルの郊外の観光スポットへ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yume,Japanese Travelloverさん(@yume.tabi)がシェアした投稿

サフランボルの街自体は、数時間もあれば観光できてしまうほどとても小さい街です。近郊にも、いくつか観光スポットがあり、合わせて観光しても丸一日あれば十分。

郊外の観光スポットは個人でアクセスするのは難しい場所にあるので、ホテルで手配してもらえる半日ツアーを利用しました。

『サフランボル』について詳しくは下記でまとめています。

【6~7日目】マラティヤ&ネムルト・ダウ

お昼ごろサフランボルを出発。

長距離バスを利用して向かうは、トルコ東部の町『マラティヤ』。しかし、サフランボルからの直行便はなく、一旦、トルコの首都『アンカラ』へ。

アンカラのバス停で休憩。

image

再び長距離バスに乗り、『マラティヤ』へ。こちらは夜行バス、揺られること約9時間で到着。

マラティヤに来た目的は、世界遺産『ネムルト・ダウ』へのツアーに参加する為。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yume,Japanese Travelloverさん(@yume.tabi)がシェアした投稿

世界遺産『ネムルト・ダウ』について詳しくは下記でまとめています。

【8~9日目】シャンル ウルファ&ハラン

『ネムルト・ダウ』の朝焼け鑑賞後、ミニバスでに乗り向かったのは、アブラハム生誕の地『シャンル ウルファ』。

ネムルトダウから直行便はなく、途中キャフタ(Kahta)という町で乗換をし、約4時間ほどで到着。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yume,Japanese Travelloverさん(@yume.tabi)がシェアした投稿

シリア国境から約50㎞程の場所に位置しており、イスタンブールとはまた違う、非常にエキゾチックな独特な雰囲気が漂う街です。

『シャンル ウルファ』について詳しくは下記でまとめています。

 

翌日、『シャンル ウルファ』から日帰りで訪れたのは、シリアとの国境からはわずか20㎞程に位置する、とんがり屋根が建ち並ぶ村『ハラン』。

『シャンル ウルファ』からミニバンを利用して約1時間ほど。シャンルウルファ発の半日ツアーで行くことも可能です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yume,Japanese Travelloverさん(@yume.tabi)がシェアした投稿

【10~13日目】カッパドキア

9日目の夜に、シャンル ウルファを出発し、夜行バスで『カッパドキア 』へ。

こちらの区間も直行便はなく、一旦トルコ中央部の都市『カイセリ(Kayseri)』へ向かい、バスを乗り換えて、10日目のお昼ごろ『カッパドキア 』に到着。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yume,Japanese Travelloverさん(@yume.tabi)がシェアした投稿

トルコの世界遺産をめぐる旅で外せない観光地『カッパドキア』、そこで絶対におすすめなのが『熱気球に乗り上空から朝日と奇岩の絶景を鑑賞する』オプショナルツアー。

イスタンブールから『カッパドキア』へ行くなら、個人でアクセスするより、ツアーに申し込むのがおすすめです。気球ツアー、洞窟ホテル、国内航空券の手配が一括ででき、広大な土地に点在する『カッパドキア』の観光スポットも効率よく見てまわることが可能です。

短期旅行は、オプショナルツアーを使いこなして、賢く時間節約が◎

オススメツアー★★★★★
≫≫【イスタンブール発】世界遺産カッパドキア 1泊2日観光ツアー<国内航空券込/朝・昼食付き>

【14~15日目】パムッカレ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yume,Japanese Travelloverさん(@yume.tabi)がシェアした投稿