【旅*スリランカ】『ヤーラ国立公園』へ行くなら、ティッサマハーラーマ(Tissamaharama)で宿泊がおすすめ

image スリランカ
@yume.tabi

『スリランカの魅力を満喫する14日間の旅』で訪れた場所。

ヤーラ国立公園(Yala National Park)でジープサファリ体験をするのに立ち寄った、ティッサマハーラーマ(Tissamaharama)。

特に観光するようなスポットはないですが、個人旅行でヤーラ国立公園へ行くなら、アクセスに便利なこの町に宿泊するのがおすすめです。

のどかな田園風景が広がる、ティッサマハーラーマ(Tissamaharama)、愛称「ティッサ」について紹介します。

ティッサマハーラーマ(Tissamaharama)について

スリランカ南部の町。紀元前3世紀頃にルフナ王国時代の都「マハーガマ」が置かれ、当時の仏教遺跡や貯水池が点在しています。

ティッサマハーラーマの位置

スリランカ最大の都市『コロンボ』から南東に約200km、南部州の州都『ゴール』から東に約150kmの距離に位置しています。

ティッサマハーラーマへのアクセス

「ティッサ」は鉄道駅がないので、バスかタクシーチャーターでのアクセスになります。

長距離バスを利用して、コロンボからは直通バスで約8時間、一番近い鉄道駅があるマータラ(Matara)からは約3時間掛かります。

コロンボから、ヤーラ国立公園のサファリを体験するなら、オプショナルツアーが便利です。
≫≫コロンボ発「ヤーラ国立公園と世界遺産ゴール」オプショナルツアー

私たちの今回の旅のルートは、中央高原の町「エッラ(Ella)」から「ティッサ」へ、バス&タクシーを利用してやってきました。その際の詳しい情報は下記の記事に書いています。

バスだけでアクセスする場合は、乗換が必要になり、バスに乗っているだけで3時間はかかるので、乗り継ぎ時間によっては、移動にかなり時間が掛ります。

ティッサマハーラーマ(Tissamaharama)を町ぶら

ティッサののどかな風景

ティッサの町は、旧市街と新市街に分かれていて、「のどか」という言葉かぴったりの町です。

サファリツアーの申し込みをする為に、町へ出かけましたが、やはり特に何もなかったので、すぐに宿に戻ってきました。また、日差しもきつく暑いので、ホテルでゆっくりするのがこの町のいい過ごし方かもしれません。

新市街にある時計塔

町の始まりを知らせる、シンボル的な時計塔。

ティッサ_時計塔

ティッサ・ウェワ

のんびりできるスポット、ティッサ湖。訪れるなら夕方がおすすめ、暑さも落ち着いてくるので少し散歩してみるのも◎だんだん真っ赤に染まる湖がとっても美しいです。

ティッサ湖

ティッサ湖

ティッサ湖

Tissamaharama Raja Maha Vihara

旧市街にあるダーガバ。時間があれば寄ってみるのもいいかも。

Tissamaharama Raja Maha Vihara

Tissamaharama Raja Maha Vihara

ヤーラ国立公園サファリツアーの手配

ホテルでも手配可能でしたが、口コミサイトで調べていたツアー会社が新市街にあったので直接申し込みに行きました。

ヤーラ国立公園のジープサファリツアーは、たくさんのツアー会社が催行しているので、中には内容がイマイチ良くなかったとか、ガイドさんが経験不足で、ぜんぜん動物が見られなかったいう口コミも見かけます。また、ティッサの町を歩いていても客引きから声を掛けられ、値段的には安いのですがツアー内容や催行会社が不明瞭なのでちょっと躊躇してしまいます。

料金がいくら安くても、内容が充実していなかったら、時間をかけてヤーラ国立公園まで行く意味がないですよね。個人旅行で手配される方は、口コミを参考にツアー会社をあらかじめ探しておく、もしくは日本から予約しておくと安心です。

実際に私たちが申し込んだ、ツアー会社を紹介します。

Ajith Safari Jeep Tours

Ajith safari

口コミでの評判も良く、申し込みに行ったオフィスの方の対応もとても親切でした。

当日のドライバー兼ガイドさんも経験豊富で、とても一生懸命案内しくれる方でした。たくさんの野生動物を見せてもらい、最終的にはレオパードも見れて、大満足のサファリ体験になりました。

オススメ度:★★★★☆
≫≫Ajith Safari Jeep Tours

ティッサマハーラーマ(Tissamaharama)での宿

サファリの拠点となる町なので、高級ホテルからゲストハウスなどの安宿まで、あらゆるタイプの宿が揃っています。また、この町にある宿は、たいていヤーラサファリへの手配が可能で、ホテルによってはジープを持っていることもあります。

予約前に一度確認しておくと安心です。

セレネ パークホテル(Serene Park Hotel)

Serene Park Hotel

ティッサ湖前に建ち、田園風景が目の前に広がるこじんまりとした宿です。

部屋は広々としていて、清潔感もあり、シャワーやクーラーなど設備面にも問題なく、1泊でしたが快適に過ごせました。

開放的なロビーや、ハンモックが掛かった共有スペースなどもあり、のんびりしていると、心地よい風が吹き、鳥のさえずりが聴こえ、この町の穏やかな良さを感じられます。

ただホテルではなく、ホステルのランクです。

オススメ度:★★★★☆
≫≫セレネ パークホテル(Serene Park Hotel)

≫≫その他のティッサマハーラーマの宿泊施設

ティッサマハーラーマ(Tissamaharama)での食事

滞在ホテル(Serene Park Hotel)の近くにあるレストラン

宿の近くは食べるところがなく、町まで行くのも少し距離があるので、同じ通り沿いにあったレストランで食事しました。

スリランカの一般的な食堂と同じ感じで、数種類のカレーが用意されている中から、好きなものを好きな分だけお皿に盛るシステム。やはり海や湖が近くにあるからか、魚は今までの食堂でみかけなかったのですが、今回あったので食してみました。

 

View this post on Instagram

 

Yume,Japanese Travelloverさん(@yume.tabi)がシェアした投稿

家庭的な味で美味しかったです。スリランカのカレーはどこで食べても、少しづつ味や、使ってる食材が違うので飽きずに食べれて、楽しいです。

あとで知ったのですが、宿にあらかじめ夕食のお願いをしておくと用意してくれるようです。

ベーカリー

町で寄ったパン屋さん。営業しているかどうか不明なくらい暗かったですが、パンが並んでいたので入ってみました。

ティッサ_パン屋
ティッサ_パン屋 (2)

スリランカは意外とパンが豊富で美味しいです。機会があれば食べてみてください。

Debarawewa Bakery

写真がないのですが、ここのパンも美味しかったです。地元の人で賑わう人気のパン屋さんのようで、翌日の朝食用に購入。

さいごに

ティッサマハーラーマ(Tissamaharama)は、ヤーラ国立公園のサファリツアーの玄関口として、個人旅行で利用されることが多い町です。

観光する場所は特にありませんが、早朝のサファリツアーに備えて、宿でのんびりするのにちょうどいい町でした。