【旅*スリランカ】本場のアーユルヴェーダを体験しに南西海岸の町「ベールワラ(Beruwala)」へ

beruwala beach スリランカ
@yume.tabi

『スリランカの魅力を満喫する14日間の旅』で訪れた場所。

本場のアーユルヴェーダを体験しに『ヘリタンス・アーユルヴェーダ・マハゲダラ(HERITANCE Ayurveda Maha Gedara)』がある、ベールワラ(Beruwala)へ。

今回のルート、ヤーラ国立公園への玄関口「ティッサマハーラーマ(Tissamaharama)」からベルワラへのアクセス方法や実際の移動風景、となり町の情報などを紹介します。

ベールワラ(Beruwala)について

南西海岸の穏やかなビーチを持つ人気リゾートエリア。しかし、スリランカで最初にアラブ人が住み始めたムスリムの港町という一面もあります。

ベールワラの位置

スリランカ最大の都市『コロンボ』から南に約60km、南部州の州都『ゴール』から北に約60kmの距離に位置しています。

ベールワラへのアクセス

『コロンボ』からバスで約1時間半、鉄道で約2時間。『ゴール』からは、鉄道で約1時間半掛かります。

【今回の旅のルート】
スリランカ南部の町『ティッサマハーラーマ(Tissamaharama)』から、長距離バスと鉄道を利用し、ベールワラへやってきました。

ティッサマハーラーマから直通のバスはなく、マータラ(Matara)もしくはゴール(Galle)で乗り換えが必要になります。

今回は、スリランカの長距離バスでの移動に疲れていたので、なるべくバスに乗らない方法でルートを考えました。

バスは頻繁に運行しているので利用しやすく、たいていの場合、鉄道を利用するより目的地には早く着きます。しかし、バスの中は、満員のことも多く、狭く窮屈、運転も荒いので、バス移動が続くと結構ツライです。また、バスによっては大音量のスリランカ音楽がかかっているというローカルの雰囲気を味わうにはいいのですが、何回か利用するともうお腹いっぱい状態で、ちょっと遠慮したくなってしまいました。

写真と共に今回利用したルートを詳しく紹介します。

ティッサマハーラーマからマータラ

ティッサでの宿が、マータラ行きのバス通り沿いだったので、バスターミナルへは行かずに乗車でき、そのままマータラへ向かいます。ティッサから約3時間、料金は約150ルピー(≒110円)。

ティッサ_マータラ_バス
スリランカ南西海岸
スリランカ南西海岸

バスの中の風景と、南西海岸の風景。このバスもかなり混みあっていて、この状態で3時間は長い。

マータラのバスターミナルから鉄道駅まで

マータラのバスターミナルは結構大きめ、スリランカ各地の発着地になっているので、バスがかなり停車しています。

マータラのバスターミナル
マータラのバスターミナル

マータラのバスターミナル前の風景。このまま、コロンボ行きのバスに乗り換えた方が便利で、目的地のベールワラにも早く着きます。

しかし、今回は鉄道を利用する為、バスターミナルから1㎞ほど離れた鉄道駅へ向かいます。停車していたスリーウィーラーを利用し、鉄道駅まで100ルピーで行ってもらいました。

マータラの鉄道駅

バスターミナルの賑わいとは打って変わって、静かな鉄道駅。コロンボから南西海岸沿いに延びる鉄道の終着駅です。

matara_railway
matara_railway
matara_railway

鉄道駅の風景。学校が近くにあるのか学生さんの利用が目立ちました。

電車の中で食べるものを鉄道駅周辺に探しに行きましたが、あまり賑わいがなく小さな商店がいくつかあるだけ。鉄道駅の目の前のお店で、スナックとロティや揚げパンなどを購入。1個30ルピー程と激安でしたが、美味しかったです。

マータラからアルトゥガマ(Aluthgama)

マータラ駅からベルワラのホテルへ向かいます。

宿泊した「HERITANCE Ayurveda Maha Gedara」は、ベルワラ駅よりアルトゥガマ(Aluthgama)駅の方が近いので、アルトゥガマで下車しました。

マータラ駅からアルトゥガマ駅まで、約2時間半、料金160ルピー(≒120円)。

マータラ_アルトゥガマ_車窓
マータラ_アルトゥガマ_車窓
マータラ_アルトゥガマ_車内

車窓と車内で声を掛けてきた学生さんたち。車内は利用者が少なく、やはりバスより快適で列車移動にして正解でした。

アルトゥガマ駅からホテルへ

駅からホテルへ向かいます。

「アルトゥガマ」駅からホテルまでは約3㎞、スリーウィーラーを利用し200ルピー(≒140円)。

アルトゥガマ駅
Aluthgama駅

総移動時間

「ティッサ」から「アルトゥガマ」まで約6時間、乗り継ぎ時間なども合わせると約7時間も掛かりました。この日は、ヤーラ国立公園でサファリ体験はしたものの、ほとんど移動だけで終わってしまいました。

できれば、『ゴール(Galle)』観光や、南西海岸の町にも立ち寄りたかったのですが、バスや列車だけの移動では時間が掛り過ぎて、観光まではできませんでした。

総距離は約200㎞、車だと約4時間ほどなので、ツーリストカーを利用すれば、効率よくアクセスし観光をすることも可能だったかもしれません。

おすすめの旅のプラン

ヤーラ国立公園を旅に組み込むなら、世界遺産の町でもある『ゴール(Galle)』で1泊すると移動にも無理がなく、観光もできるので、旅のプランとしてはいいかもしれません。ティッサからゴールまでなら、バスで約4時間半の移動です。

また、手軽にアーユルベーダ体験をするなら、コロンボ発のオプショナルツアーが便利です。
≫≫コロンボ発『アユールヴェーダ』オプショナルツアー

アルトゥガマ(Aluthgama)の町

1週間のアーユルヴェーダ体験中に、外へ出かけることもできます。その際、ベルワラのとなり町、アルトゥガマの町を少し散策。アーユルヴェーダ商品を取り扱う薬局やおみやげ店などもあるので、時間があれば出かけてみるのもありです。

ホテルから町までは約4㎞、スリーウィーラーで150ルピー。

ベントタ仏教寺院

町並み

商店が多く活気のある町です。

アルトゥガマ_町並み
アルトゥガマ_町並み
衣料品を扱うお店

アルトゥガマは、衣料品を扱うお店がたくさんありました。『SOGO』という名前のお店、日本の百貨店の名前から付けたらしいです。おみやげ用のTシャツを扱っているお店で、種類も多く、値段も安くしてくれたので何点か購入しました。

Aluthgama衣料品店
Aluthgama衣料品店
Aluthgama衣料品店
フィッシュマーケット

海が近いのでお魚が豊富に揃っています。

アルトゥガマ_フィッシュマーケット
アルトゥガマ_フィッシュマーケット
Monday Market
monday market
monday market
鉄道

アルトゥガマ駅と次の町ベントタの河。

アルトゥガマ_鉄道
アルトゥガマ_鉄道
ベントタ河

ベールワラ(Beruwala)の町

ベールワラは町という町がなく、おみやげなど買い物するならやはり「アルトゥガマ」の方がいろいろ揃っています。ベールワラはビーチがおすすめです。

ベールワラビーチ

静かで穏やかな海なので、のんびり散歩するのにピッタリの場所。特に夕方になると、ステキな夕焼けを見に多くの方が散歩されています。

ベルワラビーチ
ベルワラビーチ
ベルワラビーチ

たまにハーバルガーデンや、宝石屋、スリーウィーラーの客引きの人がしつこく話かけてきますが・・・。そんなに嫌な感じの人たちではないですし、「サンダルウッドがシミに効くから日本に買って帰った方がいいよ」と教えてくれたり、いい情報をゲットできることもあるので、見極めて話を聞くのもありです。

ハーバルガーデン

スリーウィーラーの客引きには、ホテル近くのハーバルガーデンに連れていってもらいました。庭の薬草についていろいろ説明してくれ、商品も購入できます。

ハーバルガーデン
ただ、ここの商品は町で売られているモノよりかなり高いです。品質がいいのかもしれませんが、「高い」と言ったら、どんどん値段は下がっていきました。それでも、結局ここでは買わず、アルトゥガマ町のアーユルヴェーダ店で購入しました。コチラの方が安かったですし、それで効果はバッチリでたので、購入するなら商品を見比べてからでもいいかなと思います。

メイン通りからビーチまで。

ベルワラ

ベルワラ

ベルワラ

さいごに:おすすめのお土産

ビーチのおじさんに薦められた、アーユルヴェーダ商品がおすすめ。日本で買うと数倍の値段がします。

アーユルヴェーダ商品

アーユルヴェーダ商品

おすすめは、真ん中のサンダルウッド100%オイルとクリーム。シミが消えると教えてもらい購入。効果があったので日本で買おうと探したのですが、取り扱っているお店が少なく、値段も高いので、もっと買っておけばよかったと・・・。何を買うか悩んだら、サンダルウッド商品の購入がおすすめです。