【出産準備】新生児用紙おむつは何枚必要?いつまで使える?どこで買うのが安い?比較&まとめ

サンプル 暮らしの知恵

出産前に用意する重要アイテムの一つ、紙おむつ。

「産後は、思うように動けないからある程度購入しておきたい。」
「だけど、サイズアウトして使えなくなるのは、無駄になるしもったいない・・・」

など、どうしようか悩むことが多いですよね・・・。

新生児用の紙おむつは何枚必要?いつまで使える?どこで買うのが安い?など・・・気になる点を一般的な情報と実際うちの子の使用状況でまとめてみました。

出産準備の参考にしてみてください。

うちの子の基本情報

赤ちゃんの大きさや、使用するオムツによっても状況は異なるので、参考程度ですがうちの子の情報も記載しておきます。

・出生体重&身長:2800g・47.5cm
・生後1か月の体重:3490g
・性別:男の子
・使用おむつ:パンパース(さらさらケア)

新生児用おむつのは何枚必要?いつまで使える?

まず、新生児用のおむつは、全部で何枚ぐらい使用するのか計算してみます。

 新生児は1日何枚のおむつが必要なのか?

よく目にするのは、少なくて10枚/日、多くて20枚/日は使用。うちの子は、平均8枚/日で一番よく使った日で11枚でした。

 新生児用おむつはいつまで使えるのか?

各メーカーによって多少大きさが違いますが、一般的に産まれてから5㎏までと記載されています。

なので、5㎏になるまで使用すると考えると、だいたい生後1か月ぐらいが新生児用おむつが使える期間。

うちの子は、4㎏(生後40日)でうんちが漏れるようになってきたのでサイズUPしました。パンパースは、他のメーカーより小さいので、早く使えなくなることが多いようです。

 新生児用は全部で何枚使う?

1日の使用枚数と、使える期間から、だいたい新生児用で使う枚数を計算してみます。
日数は、生後約1か月なので、30日―(病院7日)=23日分。として考えると、
10~20枚/日×23日=230~460枚。

結局うちの子の場合は、新生児用サイズの紙おむつは96枚入りを2パックでたりました…。それ以外にも、サンプルや、産院で貰ったおむつが50枚ほどあったので枚数にすると約250枚使った計算になりました。

 結局、どれぐらい準備しておく?

各メーカー、お得用パックが100枚前後入り、2~3パック買っておけば、200~300枚のストックになるので、これなら多く使っても約2週間は持つ計算。あとは様子をみながら追加もしくは、ワンサイズサイズ上(Sサイズ4~8㎏)の購入を検討が一番無駄にならず良さそう。

もし準備しておいた紙おむつが、自分の子供に合わないとなれば他のメーカーに変えることも考えて、買い過ぎは注意。

急いでいるときも、Amazonプライムなら翌日に配達してくれるので便利。
値段も、紙おむつとおしりふきが、Amazonファミリーの定期便を利用するといつでも15%OFF。

紙おむつの年間消費量

紙おむつは消費量が多いだけに毎月結構な出費になりますよね。

それが、少なくてもトイレトレーニングを始める1歳半~2歳まで使用するので、総額を考えると・・・

新生児なら、1ヶ月で2・3パックすぐに使ってしまいます。
各メーカー、購入場所で異なってきますが、だいたいお買い得用の1パックで1,200~1,500円

1,200~1,500円×3パック/月×12か月=43,200~54,000円/年

ざっくり計算しても、安いところで買うのと、何も考えずに買うのとでは、1年間で10,000円も変わってくる計算になります。
もっと掛かるのが一般的なので、差はどんどん開きます。

出産前から、あらかじめ、どこで買うのがお得か、自分に合っているか調べておくと、出産後に損しなくてすみますよ。

どこで買うのが安い?

これは、使用するおむつのメーカーや、生活環境によっても異なるので下記を参考に少し調べてみてください。

実店舗で購入するなら

アカチャンホンポがおすすめ。まとめ買いすることでかなりお安く購入することができます。

わが家は、はじめにも書いたように『パンパース(さらさらケア)』を使用しています。

パンパースの場合、1ケースに2パック入っていて、それを3ケース買うと約6,000円になる期間限定の価格のことがあります。なので、この期間に購入すると、1パックあたり1,000円とかなりお得です。

その他のパンパース以外のおむつも同じように、まとめ買いするとお得な価格になっていることが多いです。

詳しい金額は、公式サイトのセール・チラシをチェックしてみてください。

今まで確認した中ではアカチャンホンポが一番安かったのですが、持って帰るのにかさばるし、一人で3ケースも無理なので、我が家では基本的にはネットで購入しています。

ネットで購入するなら

Amazon(アマゾン)

Amazonでの購入がお値段的に一番オススメ。「Amazonファミリー」に登録し、「定期おトク便」の利用で、紙おむつがいつでも15%OFFになります。その他にも、こどもがいる家庭ならAmazonに入会することでメリットも増えます。

詳しくは、下記の記事にまとめていますのでこちらをご覧ください。

LOHACO(ロハコ)

安さでいえば、LOHACO(ロハコ)もオススメ。「定期便利用でポイント10倍」や「まとめ割」などでお得に購入できます。
>>LOHACOの公式サイトはコチラから

しかし、ロハコを普段利用している方なら購入しやすいですが、普段は違うネット通販を利用しているならあまりメリットがないかもしれません。

Rakuten(楽天)

我が家は、こどもが生まれるまでは、基本的にネット通販は楽天市場を利用していました。また、楽天グループ(楽天カード、楽天銀行、楽天モバイルなど)を利用しているので、ポイントが貯まっていたり、お安く購入できる場合は、楽天市場で購入することも。ただお安い店舗はあまりない印象。

楽天市場を利用する方は、【楽天ママ割】の登録をしておくとポイントが多くもらえたり、無料サンプルが当たったりメリットがあります。

詳しくは下記の記事でまとめています。

楽天市場の中でもおむつを買うなら、オススメのショップがNetBabyWorld(ネットベビー)。他よりも安く、ポイントアップやポイントバックがある時もあるので、表示価格よりお得に購入できます。

※※その他商品とまとめ買い不可※※ パンパース テープ ウルトラジャンボ 3パックセット 新生児 Sサイズ Mサイズ Lサイズ P&G

Rakuten Rebates

楽天グループをお使いの方にオススメの買い方は、RakutenRebates経由で、LOHACO(ロハコ)を利用する方法です。下記のバーナーからロハコのサイトにアクセスして購入するだけで、楽天のポイントも貯まるのでお得にお買い物ができます。

詳しくは、下記サイトのご利用ガイドをご確認ください。

Rebatesお友達紹介キャンペーン

以上が、オススメの購入方法です。

ライフスタイルに合った購入方法を検討する際の参考にしてみてください。