【まとめ】海外旅行に行く前に必ず確認しておくべきクレジットカードの知識

image 旅のアイテム&裏ワザ

海外旅行に行く前に知らないと困る、損するクレジットカードに関する知識を紹介します。

特にはじめて海外に出掛ける方や、今まで海外旅行でカードを利用していなかった方に向けてクレジットカードに関する知識をまとめてみました。

意外と知らない落とし穴もあるので、旅行前に必ず目を通してみてください。知識を身につければ、旅行がさらに快適になりますよ。

 海外ではクレジットカード払いが優先

海外では、クレジットカード払いを優先するようにしてください。それが節約になるだけでなく、防犯対策にもなるのです。

 海外で現金を持ち歩くのは危険

理由は単純、お金を持ち歩いているとスリや強盗などに狙われやすいためです。

日本人は特に現金を無防備に持ち歩く方が多いので狙われるケースも高まるのです。だから現金ではなくクレジットカードで持ち歩いたほうが安心安全なのです

 両替手数料の節約になる

また、海外でクレジットカードを利用すると手数料の節約にも繋がります。

クレジットカード会社とカードブランドにもよりますが、1.3~2.0%ちょっとの手数料が掛かります。しかし、日本円を現地通貨に両替する手数料よりは、はるかに安いのでクレジットカード利用の方が手数料を節約できるのです。

  • クレジットカード払いの手数料:1.3%~2.0%程度
  • 両替する際の手数料:4~10%程度

特にマイナー通貨への両替手数料は高く、クレジットカードの場合は世界中どこで利用しても手数料は同じで低く設定されているので、結果的に無駄な手数料を払わずに節約できるのです。

 利用したお金の管理がラク

現金払いの場合、どこで、何に、どれだけ使ったのか後々分かりにくい。

その点、クレジットカード払いをすれば利用明細書で一目瞭然、まとめる必要もなく後々の管理がしやすいのです。

  • 海外で現金払い:レシートを貰っても明細がわかりにくく不便
  • 海外でカード払い:カード利用明細書で詳細がわかりやすく管理も簡単

 海外に行く前には支払い方法の確認を

日本でクレジットカードを利用すると、一括払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払いといった支払い方法から選ぶことが出来ますが、海外では基本、一括払いかリボ払いのどちらかしか利用することが出来ません。

  • 国内:一括払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払いなど
  • 海外:一括払い、リボ払い

しかも、支払い時に一括払いかリボ払いかを選択できるのではなく、発行されたクレジットカードの設定に基づいた支払い方法しか利用ができないのです。

つまり、保有するクレジットカードが【リボ払い】の設定になっていれば、海外で利用したすべての支払いが【リボ払い】になります。

そのため、海外に行く前には必ず、クレジットカードの支払いがどちらの設定にされているかを確認してください。

【リボ払い】の設定になっていれば、驚くほどの金利手数料を支払うことになりますので注意してください。

 海外で現地通貨の調達はキャッシングが一番

『キャッシング』と聞くとあまりいいイメージがない方も多いかもしれませんが、海外利用に限りそのイメージは少し横に置いておいてください。

 なぜ、海外ではキャッシングを利用するべき?

まず一つは、単純に大金を持ち歩くのは危険だから。

もう一つは、両替にかかる手数料がメジャーな通貨はそれほど掛からないのですが、マイナーな通貨ほど高いからです。その点、キャッシングであれば、世界中どこでも同じ低い手数料で現地通貨を手にすることができるのです。

手数料の大幅な節約に海外キャッシングの利用がおすすめなのです。しかも、ATMからキャッシングした国の通貨が出てくるので簡単、便利。

 海外キャッシングができる設定か確認

クレジットカードの契約によって、キャッシングが利用できない設定になっていることもあります。旅行前に一度、保有のカードが海外キャッシングできるのか確認しておいてください。

また、限度額のチェックもお忘れなく。どれぐらい利用するか考えてみてそれより限度額が少なければ、カード会社に利用限度額の一時増枠の申請をしておきましょう。

キャッシングに便利なクレジットカードについてはコチラ

 いざという時の為に、出発前に利用限度枠を増枠

出発前に利用限度額の確認をしてみて下さい。いつもより使う頻度が高くなる海外に行く際、今の限度額では不安という場合、一時増枠の申請ができます。申請方法は、クレジットカード裏面の電話番号に連絡、もしくはインターネットの会員ページがあるならそこから申し込めば簡単。たいてい1日もあれば、増枠審査をしてくれ増枠額のお知らせがくるはずです。

また、キャッシング枠の限度額も忘れず確認し、増枠が必要なら同時に申請をしておきましょう。

 クレジットカードはできるだけ多めに持っていきましょう

海外に持っていくクレジットカードは、最低でも2枚は持っていくようにしてください。もし、1枚のクレジットカードが仮に使えなくなってしまった場合でも、もう1枚あれば何とかなるでしょう。

  • 利用限度額に到達してしまった
  • カードを紛失した
  • スリ、強盗に盗まれた
  • カードの不具合で決済できなくなってしまった

など、1枚しか持っていないと、トラブルに巻き込まれた際、身動きが取れなくなります。2枚一緒にはせず、メインのカードは財布、もう一枚は別の場所というように別々で管理しておきましょう。

 持っていくクレジットカードは異なるブランドのカードで

もし、一つのカードブランド利用できない場合でも、他のブランドなら使えることもあります。

1枚目は、VISAかMastercardが必須です。どちらも世界中で利用できるカードブランドなので、クレジットカード決済できるお店ではほとんど使えるのが利点。

2枚目は、JCBカード、もしくは海外に強いアメリカン・エキスプレス・カードなど。
JCBカードは、ハワイに行くときなど持っていると便利に使え、外貨取扱手数料も他より安いのでメリットがあります。しかし、JCBカードは使えない国やお店が多いので、やはり海外に持っていくなら、メインはVISAかMastercardにするのが無難です。

 なぜクレジットカードを多めに持っていく必要があるのか

それは、次の項目の海外旅行保険に関係しています。

海外旅行保険付きのクレジットカードなら、たとえ現地で利用していなくても補償の対象になるケースがあるからです。

アジア圏など医療費の安い国なら一枚で問題ないことが多いですが、医療費の高いアメリカやヨーロッパにでは、クレジットカード一枚の補償金額では賄えないことがほとんどです。

しかし、複数枚もっていれば、病気やケガの治療費用や救援者費用の補償金額は、クレジットカードごとの補償額が合算されるしくみなので、持っていればいるだけ補償が手厚くなるのです。

 海外旅行保険付きのクレジットカードは必須

海外旅行傷害保険というのは海外に滞在中、ケガや病気、携行品の損害に対して補償してくれる保険のことです。この保険が付いているクレジットカードを選んで、海外には持って行ってください。

保有のクレジットカードが海外旅行保険の場合は、自動付帯なのか利用付帯なのかも確認しておいてください。詳しくはコチラ。確認しておかないと対象にならないケースもあります。

海外旅行傷害保険の適用期間を確認

クレジットカード付帯の海外旅行保険適用期間は、最大でも3ヶ月程度です。

カードによっては、現地で利用してから適用期間が始まるものもあるので、保有のクレジットカードの海外旅行保険の内容をしっかり確認しておくようにしてください。

留学などで長期間滞在する場合は期間が不十分なので、クレジットカード付帯の海外旅行傷害保険ではなく、損害保険会社が提供している保険に加入するようにしてください。