【厳選】年会費無料の海外旅行保険付きクレジットカード3枚

image 旅のアイテム&裏ワザ

年会費無料なのに海外旅行傷害保険がついているお得なクレジットカードを厳選して3枚紹介します。

これらのクレジットカードを持っていれば、海外滞在中、もしものケガや病気、携行品の損害に対して補償してくれる優れもの。

また、海外だけでなく日本でも持っているとお得に使えるカード3枚を厳選していますので、まだ持っていないカードがあれば、その辺りも参考にチェックしてみてください。

海外旅行傷害保険付きクレジットカードについて

海外旅行傷害保険とは、海外に滞在中のケガや病気、携行品の損害などに対して金銭的負担を補償してくれる保険のことです。補償内容はクレジットカードによって多少異なりますが、主な内容は下記になります。

◆主な補償内容

傷害死亡・後遺障害ケガ・病気で死亡または後遺障害を負った場合に補償
傷害治療費用ケガで病院にかかった場合の治療費を補償
疾病治療費用病気で病院にかかった場合の治療費を補償
賠償責任誤って他人の身体や物を傷つけてしまった場合の損害賠償金を補償
救援者費用旅先でケガや病気で入院し、日本から家族などを呼び寄せた場合の交通費や滞在費などを補償
携行品損害身の回り品が盗難に遭ったり壊れたりした場合に補償

◆クレジットカードに付帯の海外旅行傷害保険は大きく分けて、2種類あります。

注意が必要なのは、『利用付帯』のクレジットカードです。保有しているだけでは、補償の対象になりません。必ず、旅行に関する支払いが必要になってきます。

『自動付帯』・・・クレジットカードを持っていくだけで、自動的に海外旅行保険の補償対象になるものです。
『利用付帯』・・・旅行に関連する交通費を、そのクレジットカードで支払ったとき、海外旅行保険が適用になるものです。(具体的には、パッケージツアーの代金や飛行機・電車などの公共交通機関の代金です)

最短即日発行【EPOS CARD(エポスカード)】




一番目にオススメするのは、【エポスカード】。マルイが発行するクレジットカードです。おすすめの理由は、海外に持っていくだけで保険の補償対象になる『自動付帯』のクレジットカードだからです。

しかも、年会費が永年無料。年会費無料で海外旅行保険が『自動付帯』のクレジットカードはなかなかありません。

まずは、海外旅行傷害保険の内容から見ていきましょう。

≪保険の対象者≫
Visa付きのエポスカード会員本人のみ。※家族は対象外。

≪補償期間≫
1旅行につき、日本を出発後、最長90日間。

≪補償内容≫

保険の種類保険金額
傷害死亡・後遺障害最高500万円
傷害治療費用最高200万円
疾病治療費用最高270万円
賠償責任最高2,000万円(免責なし)
救援者費用最高100万円
携行品損害最高20万円(免責3,000円)

年会費無料、しかも海外旅行保険が自動付帯のカードなので、海外に行くなら持っておくと便利なクレジットカードです。ただ、保険金額が高くないので、他にもう一枚ぐらいは持っていた方が安心です。

また、エポスカードは国内でも実は使い勝手の良いクレジットカードです。

エポスカード=マルイのカードというイメージが強いですが、マルイ以外でも、なんと全国10,000店舗以上でおトクな優待や割引が受けられます。しかも入会キャンペーンでたくさんポイントがもらえて、最短で即日発行にも対応しているので、旅行直前でも審査にさえ通れば、便利でお得なカードがすぐ手に入りますよ。

【エポスカード】のおすすめポイントをまとめると、

・年会費が永年無料
・海外旅行傷害保険が『自動付帯』
・入会キャンペーンでたくさんポイントがもらえる
・最短で即日発行
・全国10,000店舗以上でおトクな優待や割引が受けられる
・ETCカードも無料発行

また、海外キャッシングの返済をネットからできるのも◎なぜ、ネット返済がおすすめなのか詳しくはコチラで紹介しています。

ただ、ポイント還元率でみると、普段使いするには低い(200円で1ポイント)クレジットカードではあるので、サブのカードとして利用がおすすめ。優待や割引が受けられるお店や、ポイントがお得に貯まるお店で利用するのに作っておくと節約にも繋がります。

ポイントがザクザク貯まる【楽天カード】

二番目にオススメするのは、【楽天カード】。

『ザクザクポイントが貯まる!』とCMでおなじみのクレジットカードですが、楽天カードはポイントがたくさん貯まるだけではありません。海外旅行の際にうれしい海外旅行保険付帯のカードで、傷害死亡・後遺障害の補償金額は年会費無料ではトップクラスの手厚い補償なのです。

それだけでも、保有するメリット大のクレジットカードですが、【楽天カード】の利用で通常ポイントが貯まるだけでなく、海外で利用した場合、最大20,000ポイントが当たるキャンペーンなども毎月しており、利用しなければ損をするクレジットカードNo.1です。

まずは、海外旅行傷害保険の内容をみていきましょう。

≪保険の対象者≫
楽天カード会員本人のみ。※家族は対象外。

≪補償期間≫
1旅行につき最長90日間。

≪補償内容≫

補償内容楽天カード
(年会費無料)
楽天プレミアムカード
(年会費10,800円)
保険の種類保険金額
傷害死亡・後遺障害最高2,000万円最高5,000万円
傷害治療費用最高200万円最高300万円
疾病治療費用最高200万円最高300万円
賠償責任最高2,000万円最高3,000万円
携行品損害最高20万円(免責3,000円)最高50万円(免責3,000円)
救援者費用最高200万円最高200万円

年会費有料の楽天プレミアムカードと比較すると、もちろん補償金額は低いものの年会費無料で傷害死亡・後遺障害は最高2,000万円などと手厚い補償内容です。

一つだけ、注意が必要なのは【楽天カード】に付帯の海外旅行保険は『自動付帯』ではなく、『利用付帯』という点。ですので、必ず旅行の前に【楽天カード】で「渡航先への航空券」や「パッケージツアー代金」など、日本を出国する以前の交通費を何か一つでも支払っておきましょう。

渡航費などの高い代金は【楽天カード】で支払えばポイント還元も大きいですし、海外旅行保険も対象になるので、メリットしかありません。【楽天カード】を利用すれば、お得に旅ができること間違いなしです。

また、ハワイやグアム、サイパンなどでは会員であれば誰でも利用できる『楽天会員専用ラウンジ』や、ハワイで特別優待を受けられる『特典クーポン』などもありますよ。

【楽天カード】のおすすめポイントをまとめると、

・年会費が永年無料
・海外旅行傷害保険の補償内容が手厚い
・ポイントがどんどん貯まる
・入会キャンペーンでたくさんポイントがもらえる
・おトクな優待や割引が受けられる
海外旅行傷害保険が『利用付帯』なので、日本を出国する以前の交通費の支払いをすること!それだけで、保険対象になります。

長期滞在に役立つ【JCB CARD W】

三番目にオススメするのは、【JCB CARD W】。

39歳までしか申込めないカードですが、年会費無料。付帯する海外傷害旅行保険は『利用付帯』ですが、3ヶ月以上の海外長期滞在の予定がある人には、かなり役立つ貴重なカードです。なぜ役立つかは、あとで解説します。

まずは、海外傷害旅行保険の補償内容から詳しく見ていきましょう。

≪保険の対象者≫
カード会員本人のみ。

≪補償期間≫
1旅行につき最長3か月。
日本出国前に当該カードを利用しておらず、日本出国後に公共交通乗用具の料金支払いに利用した場合は、最初の利用時から最長3か月。

≪補償内容≫

保険の種類保険金額
傷害死亡・後遺障害最高2,000万円
傷害治療費用最高100万円
疾病治療費用最高100万円
賠償責任最高2000万円
携行品損害最高20万円(免責3,000円)
救援者費用最高100万円

ケガ病気治療費用の限度額が100万円と少ないところが気になりますが、それ以外は、年会費無料のクレジットカードとそこまで違いはありません。

このカードの一番のおすすめポイントは、「日本出国後に公共交通機関の料金支払いにカードを利用した場合は、最初の利用時から最長3か月。」という点。つまり、保険開始日を自由に決められるのです。他のクレジットカードと組み合わせることで、3か月以上の海外滞在でもカード付帯の保険でカバーできるのが【JCB CARD W】のメリット。

他にも、海外旅行の際、困ったことがあれば日本語で相談できるサービス窓口「JCBプラザ」を利用できたり、一部の主要都市では「JCBプラザラウンジ」もあり、快適な海外旅行をサポートしてくれます。

また、ポイント還元率1.0%で年会費無料、普通のJCBカードは2年目以降年会費1,250円(税別)が掛かるのと比べるとお得。インターネットショッピングも「Oki Doki ランド」を経由すればポイント最大20倍とポイントをお得に貯めることもできます。

【JCB CARD W】のおすすめポイントをまとめると、

・年会費が無料
・海外旅行傷害保険の利用開始日を自由に決められる
・ポイント還元率1.0%
・「Oki Doki ランド」経由でポイント最大20倍
・ETCカードも年会費無料
ケガ病気治療費用の限度額が100万円と少ないので【JCB CARD W】1枚の付帯保険だけでは不安。他のクレジットカードとの複数枚持ちが必須。

番外編:手厚い補償【ミライノカードGOLD】


年会費無料ではないのですが、おすすめしたいカードが【ミライノカードGOLD】。

おすすめの理由は、年会費3,000円(税抜)で、国内・海外旅行傷害旅行保険が『自動付帯』、ケガ病気治療費最高500万円、さらに、1枚で家族(配偶者・子供)の分まで補償されるという驚きの保険内容だからです。

≪保険の対象者≫
カード会員本人、家族(配偶者・子供)

≪補償期間≫
1旅行につき最長3か月。

≪補償内容≫

本会員家族会員
死亡・後遺障害保険金最高5,000万円最高1,000万円
傷害治療保険金最高500万円最高250万円
賠償責任保険金最高5,000万円最高2,500万円
携行品損害保険金(免責3,000円)最高50万円最高25万円
救援者費用保険金 / 保険期間中最高300万円最高150万円

格安の年会費3,000円でゴールドカードが持て、1枚で海外保険を万全にできる最強のクレジットカードです。また、年間100万円以上の利用で次年度年会費無料にもできるので、かなりお得なクレジットカードです。

【ミライノカードGOLD】のおすすめポイントをまとめると、

・年会費3,000円(税抜)のゴールドカード
・国内・海外旅行傷害旅行保険が『自動付帯』
・ケガ病気治療費が最高500万円まで補償
・家族も保険の対象
・年間100万円以上の利用で次年度年会費無料
・入会キャンペーンでポイントがもらえる
・ETCカード年会費・発行手数料無料、通行料金分のポイントが貯まる

複数枚保有で補償内容は更に手厚くなる

複数枚、同種の保険が付帯されているカードを保有する場合、傷害死亡・後遺障害保険金額は合算されず、最高保険金額が限度となりますが、それ以外の保険金額は合算されます(支払い保険金は損害額が上限)。

つまり、傷害死亡・後遺障害保険金額以外は、保険金額が合算されるので保険付帯のクレジットカードはできるだけ多く保有しておくことで補償内容を手厚くできるのです。

例えば、今回ご紹介した年会費無料の3枚を保有していたとします。
補償額はこんな感じで合算されます。

保険金額合算結果
保険の種類エポスカード楽天カードJCB CARD W3枚保有
条件自動付帯利用付帯利用付帯最長90日
傷害死亡・後遺障害最高500万円最高2,000万円最高2,000万円最高2,000万円
傷害治療費用最高200万円最高200万円最高100万円最高500万円
疾病治療費用最高270万円最高200万円最高100万円最高570万円
賠償責任最高2000万円最高2,000万円最高2000万円最高6,000万円
携行品損害最高20万円最高20万円最高20万円最高60万円
救援者費用最高100万円最高200万円最高100万円最高400万円

年会費無料でも3枚持っていれば補償内容がかなり手厚くなります。

しかし、アメリカ(ハワイ含む)は、医療費がかなり高くこれだけあってもカバーしきれない場合もあります。そんなときは、年会費は掛かりますが【ミライノカードGOLD】を保有していると、保険が自動で付帯され、ケガ病気治療費が最高500万円まで補償されるのでかなりカバーできますよ。

持っておいて損はしないクレジットカードばかりです。
保有してないカードがあれば、この機会に申し込んで、海外の旅をお得に過ごしましょう。

・入会ポイントがもらえて、保険は『自動付帯』

【エポスカード】申し込みはコチラ >

・入会ポイントがもらえて、ポイントもザクザク貯まる

【楽天カード】申し込みはコチラ >

・海外の長期滞在に役立つ1枚

【JCB CARD W】の申し込みはコチラ>

・年会費3,000円で驚きの補償内容

【ミライノカードGOLD】はコチラ >

以上、~【厳選】年会費無料の海外旅行傷害保険付きクレジットカード3枚~の紹介でした。