Amazonと楽天市場どちらで買うのがお得?2大ネット通販比較してみました。

暮らしの知恵

結論から言ってしまえば、「Amazon」と「楽天市場」どちらで買うのがお得かは、使い方や買い物をする方の状況によって異なるというのが実際のところではないでしょうか。

楽天グループを利用することが多いなら、楽天市場でのお買い物のポイントが最大15倍、他にもキャンペーンがあり、使い方次第でどんどんポイントが貯まる楽天市場の方が断然お得。

しかし、通常で買うなら、Amazonのプライム会員になれば年会費3,900円(月額325円)で配送料無料やお急ぎ便など、他にも動画・音楽配信サービスが無料で使える特典などがありこれらの利用価値が高いと感じる方にとってはAmazonの方が断然お得なのです。

私は楽天グループを多く利用しているので、ポイントが貯まる楽天市場がメイン、でも急いでいるときはAmazonで購入と使い分けています。

特徴をまとめて比較していきますので、あなたにとってどちらがお得かメリットを感じるかチェックしてみて下さい。

【楽天市場】と【Amazon】の比較表

さっくりした比較はこんな感じ。

楽天市場AmazonAmazonプライム会員
商品数◎ 豊富○ 豊富
ジャンル◎ 豊富◎ 豊富
商品探し△ 店舗ごとなので画面が見づらい◎ 商品ごとに比較できるので見やすい
価格衣服が安い傾向食品・日用品・家電が安い傾向
ポイント◎ 使い方次第でポイントUP対象商品のみ
配送料モノにより掛かる2,000円以上で無料無料(Amazon商品のみ)
配送までの日数翌日到着もあれば、1週間以上待たされる時もあるたいてい2~4日お急ぎ便でたいてい翌日
キャンセル店舗による◎未発送ならOK

Amazonでポイントをためるなら、Amazonが発行しているクレジットカード、Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)を利用すれば、通常会員で1.5%、プライム会員で2%、ゴールドカードは通常・プライム会員関係なく2.5%のポイント還元がある。

もう少し詳しくみていきます。

【楽天市場】のメリットとデメリット

楽天市場のデメリット

何といっても、1商品買うだけでメルマガがどんどん増えていきます。購入画面の下にある、メルマガ送付欄にチェックがついてるので、その☑を外せば回避できるデメリットでもありますが忘れることも多い。

また、Amazonの方が商品検索しやすい。楽天市場は、店舗ごとにページが分かれているので、こまかい部分の比較がしづらく、お目当てのものを探すのに時間がかかる。

・メルマガの量がどんどん増える(回避方法はある)。
・本当に見つけたいモノを探すのに時間がかかる。
ただ、この2点のデメリットよりもメリットの方がかなり大きい。

楽天市場のメリット

なんといってもポイントUPがすごい

楽天市場のお買い物を楽天カード決済でポイント2倍、アプリ利用で+1倍など、他にも楽天グループを利用すれば、ポイントUPで最大15倍にもなる、驚異のポイント還元率。

これだけでもすごいですが、楽天スーパーSALEの時は最大43倍、ここまでのポイントUPには条件が多いですが、やはり普通に購入しても、ポイントの面ではAmazonより確実に楽天市場です。

貯まったポイントは、楽天市場ではもちろん、楽天グループの楽天トラベル、楽天モバイルなどでも利用可能ですし、街でも使えるお店が増えていてるのも大きなメリットです。

商品数が豊富

ジャンルも、食品から家電、自動車に至るまで幅広く販売。また、一つの商品でもいろいろのお店が出品しているので、商品数は無数。楽天市場で探せば大概のものは見つかる。

価格競争が激しいので安くで購入できることが多い

出店数が多いだけに、店舗間の価格競争が激しいのか安い商品も多い。ただよく見ないと、配送料が結構高かったりして、結局Amazonのほうが安いケースもしばしば。

そのあたりが、楽天市場の検索が分かりづらい点でデメリットでもある。

【Amazon】のメリットとデメリット

Amazonを使うなら、有料会員のAmazonプライム会員(年会費3,900円(月額325円))になった方がお得。月額325円で配送料が無料になるだけでなく特典もいろいろ。

Amazonプライム会員でなければ、メリットも半減してしまいます。

まずは、Amazonプライム会員のデメリットからみていきましょう。

Amazonのデメリット

プライム会員の年会費

先ほども、お伝えした通りAmazonはプライム会員に登録すればAmazonで買い物するメリットは大きくなります。

しかし、年会費3,900円(税込)が掛かるのが最大のデメリットかもしれません。

ただ月額にすると、たった325円で配送料が無料になります。なので、月一回以上、Amazonを利用するなら年会費はタダも同然。それに加えて、メリットの項目で紹介する特典も無料で利用できるのでかなり魅力的。

配送料500円としても、3,900円÷500円=7.8回。つまり、Amazonで年8回の買い物をするなら、プライム会員の年会費はデメリットではなくメリットになります。

まずはAmazonプライム30日間無料体験に登録

ポイントが付かない商品もある

楽天市場のようにポイントがすべてに付く訳ではなく、対象商品だけ。Amazonが発行しているクレジットカード、Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)を利用すれば、通常会員で1.5%、プライム会員で2%、ゴールドカードは通常・プライム会員関係なく2.5%のポイント還元がある。

Amazonユーザーなら、ぜひ持ちたいカード。年会費1,350円(税込)ですが、前年度1回以上のカード利用で無料になるので、実質年会費は掛かりません。

Amazonのメリット(Amazonプライム会員の場合)

Amazonプライム会員の場合のメリットになります。

送料無料が最大のメリット

楽天市場では、ほとんどの商品に配送料がかかります。もしくは、5,000円以上の購入で配送料が無料になる場合が多いです。

しかし、Amazonプライム会員なら送料無料、お急ぎ便の利用でたいていの商品が翌日には手元に届きます。

急ぎで必要な時は、ほんとに便利です。

対象エリア、対象商品が最短2時間で手元に届く

Amazonプライム会員向けサービスPrime now。東京都・神奈川県・千葉県・大阪府・兵庫県の対象エリアなら、対象商品を最短2時間で届けてくれるサービス。

利用時間は24時間OK。急ぎの時は「Amazon Prime now」はかなりありがたいサービスです。

30,000本以上の動画コンテツが見放題

Amazonプライム会員の特典の一つ、Amazon Prime Video(アマゾンプライムビデオ)。

月額325円で30,000本以上のコンテンツが見放題。他の配信サービスよりコンテンツ数は少ないですが、人気の高い映画もたくさん揃っていますし、キッズ向けのコンテンツが豊富なので小さなお子様がおられるご家庭なら、かなり使いたいサービスです。

【主な配信ジャンル】
・オリジナル(ドラマ/バラエティ)、洋画/邦画、国内・海外ドラマ、韓流ドラマ、スポーツ/エンタメ、キッズ

Amazon Prime Video 30日間無料でお試し登録

100万曲以上の音楽が聴き放題

Amazonプライム会員の特典の一つ、Amazon Prime Music(プライムミュージック)。

100万曲以上の音楽が聴き放題、Prime Music対象の楽曲をジャンル別にランダム再生してくれるラジオステーション、ネット接続なしで聴けるオフライン再生も可能。

特典の一つとして、いつでも、どこでも楽しめるのはありがたい。

Amazon Prime Music 30日間無料でお試し登録

他にも無料で使えるサービスがいろいろ

・本・マンガ・雑誌が無料で読める、Prime Reading。
・写真を何枚でも保存できるAmazon Photos。

などいろいろあります。詳しい内容は、Amazonプライム【公式ホームページ】をご確認ください。

Amazonプライム30日間無料体験に登録はこちら

赤ちゃんがいる家庭ならおむつが15%OFF+特典

Amazonファミリーに登録すると、「おむつとおしりふきが15%OFF」で購入でき、限定セールでベビー用品がさらにお得に。

それに加えて、Amazonファミリーに登録すると下記の特典が付いてきます。

・おむつに使える2,000円クーポン
・粉ミルクお試しクーポン30%off
・おむつが実質無料で試せる
など、他にも特典いっぱい。詳しくは、Amazonファミリー【公式ホームページ】でご確認ください。

Amazonファミリー 30日間無料でお試し登録

学生なら会員費半額でプライム会員に

学生ならAmazonプライム会員特典が通常会員費の半額(月額200円または年会費1,900円)で使えるプログラム【Prime Student】

この値段で、配送料無料やお急ぎ便など、他にも動画・音楽配信サービスが無料で使えるのは、驚異のコスパ。

6か月無料で試せて、特典もいろいろ。詳しくは、Prime Student【公式ホームページ】で。

Amazon Prime Student 6ヶ月無料でお試し登録はこちら

【楽天市場】と【Amazon】結局どっちで買うのがお得?

ジャンルで分けるなら、
衣服は楽天市場が品揃えも豊富で価格も安いのでおすすめ。

食品・日用品はAmazonが安いケースが多く、レビューがしっかりしているので、本や家電を買う際はAmazonがおすすめ。

特典で選ぶなら、
ポイントは楽天市場へ、 オプション充実はAmazonへ

どちらも、独自のクレジットカード払いでポイント還元UP。2つとも年会費がかからないので、楽天とAmazonで使い分けをするのが1番お得です。

楽天カード払いでポイント2倍 他にもあるポイントUPシステム

楽天カードは、3種類。

・楽天カード(年会費無料)は、ポイント2倍
・楽天プレミアムカード(年会費10,800円)、楽天ゴールドカード(年会費2,160円)はポイント4倍

楽天カードは、年会費永年無料でポイントがどんどん貯まる、持っていて絶対損のない必須のクレジットカードです。

ポイントは、100円で1ポイント貯まります。よって基本還元率は1.0%ですが、楽天市場で楽天カードを使うと2倍になります。

さらに注文をスマホアプリからすると+1倍、これに通常ポイントが+1倍で合計+4倍になります。

これに、楽天銀行で楽天カードの引落をするとポイント+1倍、楽天モバイル利用でポイント+2倍など、他にも楽天トラベル、楽天ブックスなどなど最大+15倍までになります。送料無料で急がない商品なら、Amazonよりも楽天市場で購入の方が断然お得です。

実際、どれだけのポイントを獲得したか確認したところ、約5年で123,000ポイントも獲得していました。普通に考えると1,200万円も使っている計算になりますが、もちろんそんなに使ってはいません。楽天カードを普通に使っているだけで、年間約25,000円(ポイント)得したことになるのです。

こんなにお得にポイントが貯まるカードが年会費無料!!
楽天市場を利用する人はもちろん、しない人にもメリットのあるクレジットカードです。

詳しい内容、お申し込みは楽天カードのホームページへ

Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)1.5%~2.5%還元

Amazonが発行しているクレジットカード、Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)。

2種類あり、

Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)クラシックは、
通常会員で1.5%、プライム会員で2%のポイント還元。年会費1,350円(税込)ですが、前年度1回以上のカード利用で無料になるので、実質年会費は無料。

Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)ゴールドは、
通常・プライム会員関係なく2.5%のポイント還元。年会費10,800円(税込)ですが、利用状況により年会費最大6,480円(税込)の割引があります。

詳しくは、Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)へ。